トップへ


所長略歴

特許の利用法


発明者へのアドバイス


リンク

アクセス




(注:電子メールで発明内容を詳しく説明することはお止めください。現段階では、公衆の面前で話しているのと同じになり、新規性を喪失し、特許を取得できなくなります。)